窓のカビ


窓にはどんなカビが生える?

結露が避けられぬ窓の周辺は、カビにとって快適な環境条件が整っており、気づけば繁殖している為、油断が出来ない状態になります。
ガラス窓と冊子の設置点やレール周辺、更にはカーテンの裏側の壁からカーテン生地の表面など、全てにカビのリスクが確認されますので要注意個所になります。

黒ずんだシミ状のカビから白っぽいカビまで、その種類もさまざまで、時に非常に目障りな厄介者になっています。
金属に付着し、サッシの車輪の奥など清掃が困難な場所にも多数確認される為、一旦発生すると非常に厄介です。

窓のカビを取り除き方

拭き掃除が可能な場所は拭き掃除での除去が基本ですが、清掃後に水滴を残してしまってはカビの原因になるので、注意が必要になります。
細かい部分は棒状のツールなどを適材適所に用い、目視確認出来ない部分も手探りでの清掃を心掛ける事が大切です。

カーテンの布地に広がってしまった場合は、洗濯から太陽光下で十分に干し、乾燥した状態で再装着する事でカビの発生を防止する事が出来ます。
乱暴に削り取る事で、付着部分を傷つけぬように注意が必要です。
カビ除去専用の製品も市販されていますので、活用するとさらにカビを防止できます。

窓のカビを発生を防止する方法

可能な限り窓を開放し、窓付近が風通しの良い状態となる環境整備を心掛ける事が大切で担っています。
直射日光が照射する時間帯は、カーテンなどを締め切らず、出来る限り太陽光を取り入れてカビが生えにくい環境を作っていく対応が必要です。

カーテンは閉めっぱなしにせず、中間はオープンしたり定位置を変えるなど、密閉状態を極力避ける事でカビが嫌がる環境を作る事が出来ます。
結露が見られた際には可能な限り水分を除去し、カビが好む多湿状態を回避する習慣を心掛ける事でカビを防止できる環境を作る事が出来ます。

窓のカビを普段の生活から気を付ける

長時間密室状態での冷暖房器具の継続使用は極力控え、室内に風を通すライフスタイルを実践していく事が大切です。
窓周辺のホコリやゴミの堆積も、カビの増殖を大きく後押しします。
こまめな清掃が不可欠で、掃除を徹底する事でカビをしっかり防止が出来ます。

設置家具などが窓の一部を覆い隠している場合、見えない場所のカビの蔵相が避けられぬ事を知っておく事が大事です。
カビは窓の外側や網戸にも発生する為、屋外側からのチェックと清掃も忘れないで対応する必要があります。

このようにカビを防止するためには普段からカビが生えない環境作りをする必要があり、その対応をしっかり行っていく事で、カビに悩まされない環境作りをする事が出来ます。
カビの生えやすい環境を作らない事は私達に健康を守ることにも繋がります。