脱出記録


ごみ屋敷から脱出する!

ごみ屋敷から脱出する時には重い腰を持ち上げる必要があります。
身体というよりも気持ちが持ち上がらないと、本格的なごみ屋敷脱出は難しいでしょう。

まず身の回りの中でどんなものが必要ないのかを考えるのが大切です。
その際頭で考えるのではなく、リストなどメモを取りながら行うと見落としがないでしょう。リストに捨てたものをチェックしていくと、より達成感が得られるのでおすすめです。

どんな場所から片付けるべき?

a0002_009607ごみ屋敷に溢れたものは一か所に集まっているとは限りません。
居間や寝室など、普段どんな場所で生活している時間が長いのかを考えてみると、より無駄なものが見つかっていくと言えます。

仕事から帰ってくる時間が遅い人などは、荷物を置いて最初に座る場所にごみが集まると考えられます。
また一人暮らしをしている人などは、食事も簡単なもので済ませてしまう場合が多く、カップラーメンや空き缶などが所せましと放置されています。

料理が苦手な人も同様に、コンビニやスーパーから購入した空き箱が蓄積されます。
そのため台所や居間のテーブル周辺などもこまめに掃除をしないと、どんどんごみが溜まっていってしまうでしょう。

洋服や家具を捨てることも大切

女性の場合、新しい洋服を購入する度に古い洋服を放置してしまう事があります。
1回だけ着て満足してしまう場合や、周りの人からのリアクションが薄いもの、サイズが合わないものなど理由はさまざまです。
そういったときには溜めこまず、家からなくすようにしましょう。
洋服は捨てることが一番早い処理方法ですが、時間があるときにはリサイクルショップやバザーにだしてみるのも一つの手です。

家具を捨てることもごみ屋敷脱出に効果的ですが、長年使っていたものや重いものなどは捨てるのに躊躇してしまう場合があります。
ごみ屋敷を本格的に脱出したいと思った時には、複数の人で協力しながら不要な家具を捨てる準備もしておくのがベストです。

脱出した後は

ごみ屋敷を脱出したあとはその状態をキープすることが大切です。
より綺麗な状態で済むためにも、日頃からごみを溜めこまないような行動をしましょう。
不要と思ったものはすぐに捨てて目の前からなくすようにすると、無駄なものが溜まりづらくなります。
ちょっとしたものであっても億劫にならず、こまめな行動をすることが大切です。

意識を高めるというのはすぐに出来ることではありませんが、今の生活が快適だと思えば自然と目の前を綺麗にするように行動できます。
もうごみ屋敷で過ごしたくないと思うのであれば定期的にごみ捨てを行い、不要なものが溜まらないような理想的な家づくりをしていきましょう。