片付け業者とは


片付け業者について

a0006_001555不用品回収業者と混同されがちですが、例えばごみ屋敷と称される手がつけられない状態を請け負う業者となっています。

自宅がごみや物品で溢れ返り、足の踏み場も無い状態など、自力善処が不可能な状況の場合に相談してみましょう。
また、引越しや店舗の閉店など、不用品が生じた時の搬出から処分など、一部不用品回収業者に準じる作業も請け負っています。

ごみ処分から、空室となった自宅やテナント物件の最後の清掃まで、幅広い清掃を行う片付けのスペシャリストが「片付け業者」です。

片付け業者の利用方法

利用を検討する業者に連絡の上、依頼内容を伝え、引受の可否や概算費用などの必要事項を確認します。
正式依頼を完了したなら、作業日時を決め、業者側から準備すべき諸々の指示などを確認します。

当日、基本的に依頼者は一切手出ししません。
作業中を見守っていくのがベストですが、終了予定時間まで全てを一任することも可能です。
業者選択に際しては、多くの片付け業者が自社公式サイトを配信していますので、参考資料として閲覧すると、細かい内容が把握できるでしょう。予算については、主な目安がこちらのサイトで掲載されているので、目を通してみてください。

★頼れる業者ランキング | ごみ屋敷を掃除する業者探しガイド
参考:http://www.divorcenotes.com/catalog/ranking.html

片付け業者は、以上のような形で片付けをしてくれます。
しっかりと内容を確認してから依頼するようにしましょう。
意見の相違を防ぐ事ができ、作業がスムーズに進んでいくはずです。

片付け業者で必要となる費用

依頼時に見積金額が提示され、当日現場での決済が基本となっています。
有事に備え、少し多目に準備しておくと安心できるでしょう。
作業費用は作業時間や依頼内容、担当作業員の人数などによって異なり、難作業には追加料金が発生する場合も想定されますので注意が必要です。

繁忙期や緊急の依頼などに際しても、別途追加料金が生じる場合があるので、事前確認が不可欠です。
一部廃棄処分を必要とする場合は、処分施設使用料の実費が利用者全額負担となるのが一般的なので、こちらも覚えておくとよいでしょう。

片付け業者にはどんなメリットがあるか

ごみ屋敷の片付けは、火事などのリスク伴うので、大きな危険が予想されます。
そのため、素人作業より専門業者に委ねた方が安全で確実でしょう。

ご高齢やお身体が不自由など、ご自身での片付け作業が困難な場合も、業者に依頼することをおすすめします。
多くの業者は、依頼内容に沿って柔軟に対応しているので、問い合わせてみてはいかがでしょうか。

また、賃貸物件を明け渡す際などは、室内を傷つけずに大型家具や什器を搬出できるので、明け渡しに伴う追加負担発生のリスクを回避できるかもしれません。
依頼者立ち会いの元、必要品と不用品の選別を目の前で実践してくれるなど、自身の片腕となって希望通りの作業を完了してくれます。

片付けが出来ないと悩んでいる方は、このサービスを利用する事でスッキリで綺麗な環境を作ることができるのではないでしょうか。